小説の活動歴

 小説家、劇作家、詩人、俳人、歌人、川柳家としてのペンネームを、戸渡阿見(ととあみ)や深見東州とす。5才から17才まで、学校の勉強はあまりしなかったが、18才から読書に目覚め、1日1冊本を読み、突然文学青年になる。また、中学3年から川柳を始める。18才から俳句を始め、雑誌に投稿し始める。46才で中村汀女氏の直弟子、伊藤淳子氏に師事し、東州句会を主宰。毎月句会を行う。49才で、第一句集「かげろふ」を上梓。55才で、金子兜太氏の推薦により、現代俳句協会会員となる。57才で、第二句集「新秋」を上梓す。その他、写真句集や、俳句と水墨画のコラボレーションによる、「墨汁の詩(うた)」もある。短歌は、38才で岡野弘彦氏に師事。毎月歌会を行う。詩は、45才で、第一詩集「神との語らい」を出版。その後、詩集や詩画集を発表。54才で、井上ひさし氏の推挙により、社団法人日本ペンクラブの会員となる。56才で短篇小説集「蜥蜴(とかげ)」をリリース。第2短篇小説集「バッタに抱かれて」は、日本図書館協会選定図書となる。絵本も多数。また、56才で「明るすぎる劇団・東州」を旗揚げし、団長として原作、演出、脚本、音楽の全てを手がける。著作は、抱腹絶倒のギャグ本や、小説や詩集、俳句集、自己啓発書、人生論、経営論、文化論、宗教論など、270冊以上に及び、7カ国語に訳され出版されている。
 中国国立浙江大学大学院中文学部博士課程修了。文学博士(Ph.D)。中国国立浙江工商大学日本文化研究所教授。



2008年10月14日
バッタに抱かれて
バッタに抱かれて
2007年9月28日
短篇小説集 蜥蜴
短篇小説集 蜥蜴

詩集の活動歴

2010年3月 1日
明日になれば……メルヘン
明日になれば……メルヘン
2009年8月10日
泡立つ紅茶
泡立つ紅茶
2009年4月23日
ハレー彗星
ハレー彗星
2009年3月25日
明日になれば
明日になれば

絵本の活動歴

2009年3月17日
黄金伝説 清拭篇
黄金伝説 清拭篇
2008年12月18日
十二月の詩
十二月の詩
2008年8月29日
犬
2008年8月25日
人食い熊
人食い熊
2008年7月17日
赤ちゃん天使
赤ちゃん天使
2008年3月13日
ある愛のかたち
ある愛のかたち
2008年3月13日
リンゴとバナナ
リンゴとバナナ
2008年3月13日
わんこそば
わんこそば
2008年3月13日
てんとう虫
てんとう虫
2008年3月13日
チーズ
チーズ
2008年3月13日
雨